中古車を即日現金で効果買取してもらおう!【査定ならクルマウル子】

中古車を即日現金で効果買取してもらおう!【査定ならクルマウル子】

車を1円でも高く売るなら絶対ためしておこう!

    • かんたん車査定ガイド


      車を1円でも高く売りたいのならまず絶対にチェックしておくべきサイトです!

      40万円以上の査定額を提示された人も多く車を高く売りたい人には
      ここは鉄板!絶対に外せません。

    • ズバット車査定


      最大手のガリバーや地元の小規模ショップまで最大10社に一括査定ができます!
      特に地元会社に強いので合わせてチェックしておきましょう。

    • カーセンサー

      あのカーセンサーが手掛ける査定サイト。
      正直上位2社に比べるとお得感はありませんがリクルートが運営という事もあり今後に期待したい
      会社です。

    • 車を買いたいと思った際は、新車と中古車の選択肢があります。

      新車の良さは新しさは当然ながらですが、好みのオプション、色など自由に自分の好みに合わせて発注できる点です。

      また、購入するカーディーラーの担当の方と長いお付き合いになるため、車購入時から車と人とのお付き合いが始まります。何かあった際に相談しやすく、安心も含まれています。

      中古車の購入の際は、実際の車を見て決めることが出来る点は魅力です。

      色や内装、オプションの確認が目で確認でき、自分好みの車を見つけることが出来ます。

      中古車の際は走行距離のチェックが必要です。年式が新しくても走行距離がかなり多いものもあります。試乗車あがりでそのまま中古車ショップで販売されているものは走行距離も少なく、オプションが充実しているものが多く、大変魅力です。

      事故や修理履歴がないか確認しておくこと、実際の車を見て傷やへこみがないかなどチェックをしっかり行なうことが大事です。

      中古車は新車に比べて諸費用が安いので、上手に購入するとお得に安く車を購入することが出来ます。

      車購入の際には元々乗っていた車を下取りに出すことになってきます。

      カーディーラーで新車を購入する際は下取り価格が値引きに関係してくることもあります。

      自分の車がどれくらいの相場であるか、事前にネットで複数の会社が一度に査定できるところもありますので事前に下取り価格の相場を把握しておくと、新車購入の際の商談にも活用できます。

      下取り価格は会社によって大きく違います。

      値引き交渉にも有利になってきますのでしっかり把握しておくことが大事です。

      まず欲しい車種をある程度決めて、競合車種をリサーチしておきます。

      価格交渉の際、競合車種の検討をしていることを伝えると、営業の方も自分の会社の車を買ってもらいたいので価格交渉も頑張ってくれます。

      実際に各社見て見積りを出してもらうと、それぞれの車が比較でき、見積りの比較ができることで車種決定がスムーズに進みます。

      車の購入する時にチェックするポイント

      車は安い買い物ではありません。

      でも、車があれば、ドライブを楽しんだり、通勤にどうしても必要だったりするとなると、

      生活をしていくうえで、なくてはならない物でもあります。

      そんな車も、寿命が来てしまい、ずっと大切に乗ってきた車を手放さなければならない

      時がやってきます。

      車を購入する前に、知っておきたいポイントがいくつかあるので、ご紹介したいと

      思います。

      まず、欲しい車を購入する時、できれば安く購入したいと思うでしょう。

      そして、ディーラーは、少しでも高く買ってほしいと思っています。

      そういう場合、こちらが有利に交渉を進めていくことが出来れば、予定していた

      購入価格より、もっと安くなることがあります。

      それは、自分が欲しい車の値引きがどのくらいあるかを調べておくことです。

      インターネットなどで、車の値引き額がどのくらいか、ある程度知ることができます。

      そして、欲しい車がもうすぐマイナーチェンジするか、モデルチェンジするかでも

      値引き額が変わってきます。

      また、下取り車がある場合、10年10万キロを超えてなければ、値引き交渉に有利です。

      だからといって、10年10万キロ乗っていても、諦める必要はありません。

      下取り車がないのとあるのとでは、値引き額が変わってくるので、下取り車がある場合は

      廃車してしまわずに、値引き交渉に利用しましょう。

      見積もりを出してもらった場合、よく見るといらない物を勝手に付けられている場合がよくあります。

      特に、付属品やオプションにナビゲーションなどは、必要ないものをはずすと、10万円以上

      安くなることがあります。

      特に、ディーラーのナビゲーションは高いので、ナビゲーションが必要な場合は、カーショップと

      比較してみると良いと思います。

      また、ディーラーによっては、車のボディコーティング料などまで、見積もりに乗せてくる場合があるので

      見積もりの項目は、ひとつひとつよく目を通すことが大切です。

      お得に車を購入するポイントをおさえ、少しでも安く欲しい車を購入しましょう。

      車はただ欲しいとかお金があるから買おうという感覚では買うことが出来ない商品です。

      新車や中古車に関係なく車を購入するに当たって車の本体の代金以外に沢山必要なものがあります。欲しい車種が決まっていないならば具体的に欲しい車種を決め、販売店を訪れましょう。そして購入後の維持費もかかるので購入前には事前知識を持って購入しましょう。

      まず車を購入するには車庫証明が必要になります。自宅から2キロ以内に車庫がある事が証明できないと車は購入できません。

      さらに実印や印鑑証明、車本体の代金に、整備費や、車検費なども追加され始めて車を買うことが出来ます。諸経費は具体的には税金や車検、自賠責保険の費用です。こういったことは販売店がまとめて手続きしてくれるので代行手数料の金額になります。目安とし車本体の1割程度です。予算を決めると車選びです。自分好きな車種や、それが決まってない場合雰囲気やメーカーなどです。好みをしっかり販売店に伝えましょう。そして販売店を決めていきます。

      新車を買いたいと思う場合、何処でもいいでしょうが、中古車は価格面でも購入後のアフターケアのいいところと悪いところはしっかり別れています。大手の中古車業者を中心に複数販売店をみてサービスやアフターケアのいいところを選びましょう。大手メーカーだと結構お金が取られますのでその後のアフターサービスのことも、しっかり販売店に聞いておきましょう。

      気に入った車があったのでこれにしようと簡単に決めてもいけません。

      車はキャンセルするとキャンセル料金を取られます。自分が納得するまで契約はしないでおきましょう。まず購入する前に駐車場代、保険料、整備代、車検代、燃料費など様々な金銭的出費が出て行くことを予想し、それでも必要な場合は出費を頭の中に入れ購入をしましょう。

      基礎知識なく購入し始めは購入できたけれど、維持できなくて売却したというひとも多いのです。なので自分のライフスタイルに車が必要かを考えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ